So-net無料ブログ作成
検索選択

思案する動物病院 [番外編]

今日は4コマではありません[exclamation]
みなさんは動物病院とどう付き合ってますか?
再来院どうしましょうか。


スポンサードリンク






byouinntonotukiai-0.jpg
続きはこちら




スポンサードリンク










nice!(45)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 45

コメント 16

ちぃ

飼い主としては、注射も投薬もなんらかの形で体の負担になるかもしれないのだから
出来ればしたくない、摂取したくないと思いますよね。
でも、立地や施設設備の良い病院だったら変えたくないし・・・
この患畜の飼い主さんは後から文句を言ってくる人ではない!との
先生との信頼関係を少しずつ作っていくしかないのかな・・・・

by ちぃ (2017-03-08 17:25) 

ぴーすけ君

病院には、ここの所行ってません。一番近いところは・・・
「パグ」が特にお得意のようで 待合室にはパグがいっぱい^^;
(先生はネコも飼ってるんですが)予防接種でかなり調子が悪くなるので
10歳をすぎて年齢のこともあり 他の猫との接触のまいので止めました。
by ぴーすけ君 (2017-03-08 17:53) 

ルディパパ

これは複雑ですね〜!
「儲けるため・・・?」と思ってしまいます。
そうではないのかもしれませんが・・・。
こういうことって多々あります・・・。
by ルディパパ (2017-03-08 21:25) 

kiki

漫画の『痛い→安静になる』
『注射→痛みがないので、動き回り炎症が酷くなる』に納得です。
骨折をしていると大変でしたが、注射を少し押し付けていますよね。
『痛い→安静になる』の時に痛み止めの頓服で良いでしょうに。

by kiki (2017-03-08 21:33) 

Moon

私は猫を飼うのが初めてだったので、ネットや本でいろいろ勉強をしたのですが、猫は怪我などで痛みがあっても、野生で敵に弱みを見せると襲われるため、痛みを見せないようにするそうです。

なので人間の目には痛くないように見えても本当は痛いことがあるのを獣医さんは心配したのかもしれませんね。

アメリカは人間の病院も動物病院も治療費は病院で勝手(いい値)に決められるので、悪い病院にかかってしまうと、お金のために必要のない治療をされてしまう事もあるのですが、日本はそういうシステムではないので治療費目的ではないような・・・

ただ、もっとちゃんと説明をして欲しいと感じたのならそれは間違いなく獣医さんの説明不足ですし、飼い主としての当然の権利ですので遠慮なく聞いていいのではないでしょうか?
(すみません、アメリカ生活が長いとこういう部分は図太くなるんです(^^;)

何事もにゃんこの為と思ってBe strong!です。
飼い主しか守ってあげられませんからね。

by Moon (2017-03-08 21:43) 

green_blue_sky

うちの動物病院は親切すぎて、同じようなことが起きます。
痛みが後から来る場合もあるので一応はそうなるのかな。。。

猫の自然治癒力は、外猫のお世話をしていた時によく知っていますがよほどでない限りは大丈夫です(^_^;)
また骨折も治します。

17コマ。。。普通のアニメを見ている気分になりました~
by green_blue_sky (2017-03-08 21:52) 

ニッキー

うちの病院は私たちが納得いくように説明してくれて、
注射や投薬は基本必要最低限なので信頼してます^^
もし、先生とぶつかっちゃっても大事なナノさんやきなこさんのためなので、納得いくまで相談しちゃいましょう( ^ω^ )
by ニッキー (2017-03-08 21:56) 

JUNJUN

基本的に、動物は自然治癒力が強いはずですからね。
万が一のことを考えての措置かもしれませんが、あまり執拗に注射や薬を出されると、もうけ主義を疑ってしまいます。
by JUNJUN (2017-03-08 22:19) 

ゆきち

ウチの病院も先生が慎重で最悪のケースを想定するタイプ。
ややもすると過剰診療になりそうな傾向があるので、納得いくまでリスクとメリットについて質問するようにしてます。
評判がよくてもあまり遠いと通院が猫の負担になりますし、近くでそこそこ設備の整った病院なら変えたくないですよね。
確かにネットなどで知った情報を一方的に主張したりすると嫌がる先生もいらっしゃるようですが、愛する家族のため一生懸命な気持ちは理解してもらえると信じて頑張ってまーす^^;


by ゆきち (2017-03-08 22:29) 

ミケシマ

ウ~ン(^∇^;  これは疑念がわいちゃうなー!
もう少し納得できるような説明が欲しかったですね。
「これから痛くなるかもしれないし」の一点張りではちょっと納得できない。
ダメ押しの飲み薬、「大丈夫そうでも!必ず!また連れてきて」の一言…

うちが行ってる動物病院は、ちょっと遠いんですが患者の(飼い主の)希望をよく聞いてくれます。
治療にします? 検査にします? 今のところ大丈夫だから様子見でもいいですよ。
「絶対にまた連れてこい」とも言いません。
以前うちの近くの動物病院に行ったとき、予防注射や定期健診のことをしつっこく言われて、もうそこには行ってません(^^;
by ミケシマ (2017-03-08 23:12) 

ぽちの輔

我が家の場合、グッタリしないと病院へ連れて行けない子が多いので
行く時にはかなり重症かも^^;
車も壊れる前に予防的な部品交換をすることがありますから
今回のはそんな感じですかね?
とにかく納得できる説明が欲しかったですね^^
by ぽちの輔 (2017-03-09 06:36) 

Raccoon

確かに動物はぎりぎりまで我慢してしまうので、先生のお言葉にも一理ありそうです。心配してくださる良い先生な気もします。
長く付き合っていくことになる病院、信頼できることが一番です。
良い関係が築けていきますように(^^

ちなみに、うちのネコも足元を気にせずおもちゃを追っかけて、高いところから落ちることあります。
過去には階段の上から下まで転がり落ちたネコもいました。(無傷)
そういうこと日常茶飯事です(^^;
by Raccoon (2017-03-09 10:21) 

palpal

ちぃさん
何かあったときに治療をしなかった!と文句言う患者もいるってことですね。そうか~そういうことか~だから病院側はやや過剰な治療を進めるのかも知れません。言われるままの治療にならないようにこっちもある程度の知識は要りますね。あと先生との信頼関係大事ですね。がんばります!

ぴーすけ君
他のネコとの接触 分かります。かえって何かもらってくることも考えられますよね。

ルディパパさん
ここの病院昨年分院を出しました。まさか関係ないですよね。関係ないと思いたい(*_*)

kikiさん
そうなんですよね。「薬で痛くないだけやし今日はじっとしときや!」って猫に通じませんもんね。痛くなかったら動いちゃいますよね(゜_゜>)

Moonさん
注射や投薬は間違いではないんだろうけど、なんかおかしいと思ったんですがそこは日本人(笑)、開封した注射申し訳ないなぁとか、断ったら次来にくくなるとか思っちゃったんですね(+_+)
結局折れてしまいました。でも投薬されるのはナノなのでナノにもごめんって言いました。
担当の先生にこっちの考えしっかり伝えて関係築いていくしかないですね。先生自体は嫌いではないので(*^_^*)

green_blue_skyさん
骨折も治しますか!そうですよね、猫の治癒力すごいと思います。だからこそ使う薬は最小限にしたいと思うわけです。そうか、そういう考えですって獣医さんにもっとアピールすれば良かったのですね(*^_^*)
描きたい内容が4コマで収まらなかったらいきますよ~8コマ、16コマ、24コマ~~!

ニッキーさん
注射や投薬は最小限…いい先生ですね。ナノときなこを担当してくれる獣医さん今までも「もうちょっと説明を」と思った事があります。説明下手ならこっちから質問するしかないですね(^O^)次からめっちゃ質問してやる!!

JUNJUNさん
家から近くて日曜もやってて連れていきやすいのでもうけ主義でない事を祈ります(^_^.)

ゆきちさん
過剰診療になりそうな傾向…今回はそんな感じでした。先生と話してお互い納得しないとダメですね。
ナノときなこのためにいい関係を作っていきたいです(*^_^*)

ミケシマさん
今まで「絶対連れてこい」って言われたこと無かったんですが、分院が出来たので方針が変わった??と勘ぐってしまいます(^_^;)患者が納得して通えるのが一番ですよね。

ぽちの輔さん
そうですね説明欲しかったですね。おそらく治療の方法はひとつじゃないと思うんですよね。注射無しでいくならこうしましょうといった代替え案を出してほしかったですね(+_+)

Raccoonさん
先生との信頼関係を築く。にゃんずにとってもいい環境はこれでしょうね。がんばります(*^_^*)
階段の上から落ちて無傷・・・すごい。さすがネコ様(^O^)
by palpal (2017-03-09 19:11) 

溺愛猫的女人

こんばんは

うちは長男が手術の麻酔が冷めぬまま旅立ち、四男は検体を取るための手術で急逝させたので、どんなに医師に勧められても飼い主の感を優先させることにしてます。
by 溺愛猫的女人 (2017-03-09 23:03) 

も〜

うちの王子のかかりつけは、逆の感じです。
まだいいでしょう、とか、もう少し様子を見ましょう、とか
そういう台詞をよく聞きます。
私が心配性なので、そういう時はちょっと不安になってしまいますが
説明を求めると、詳しく根拠を話して貰えるので納得出来ます。
人間のお医者さんと一緒で、患者さん側の思いを汲み取って会話の出来る獣医さんがイイですよね。
by も〜 (2017-03-09 23:52) 

palpal

溺愛猫的女人さん
そんなことがあったんですね。辛いですね、それはやりきれません。飼い主の感覚、大事にしたいと思います。

も~さん
そう!「患者側の思いを汲み取ってくれる」そこです!そんな獣医さんに巡り合いたい(-"-)

by palpal (2017-03-10 15:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました